ホログラフィックで「あの人」が甦る。3Dホログラフィック劇場「DMM VR Theater」が9月11日オープン

広告

ホログラムを使った3Dシアター「DMM VR Theater」が公開され、話題になっています。

ホログラフィックによる常設シアター

「DMM VR Theater」は、最新のホログラフィック技術を使った常設劇場として2015年9月11日、横浜にオープンします。

ホログラフィックによるライブ公演は過去にもマイケルジャクソンや初音ミクなどで行われています。従来の技術では投影した映像が半透明に透けてしまったりするなどの課題がありましたが、この「DMM VR Theater」では最新技術により改善。
映像はモーションキャプチャや3DCGを駆使したバーチャルグラフィックですが、照明などの舞台演出とも完全にシンクロし、表情から髪の毛一本まで完全に表現されているとのこと。

最高峰の舞台演出と最新の映像技術によって、出演者との一体感を体験できる講演となっているようです。

初回公演は「hide」!

9月11日より開催される初回公演コンテンツは「hide crystal project presents RADIOSITY」

hide crystal project presents RADIOSITY 特設ページ

CGで完璧なヴィジュアルアーティストつくって、俺はいつのまにかフェードアウトして、でも『hide』って名前でやってくの。いつのまにかすり替わってんの。もちろん、音楽は俺が作るの

特設ページには1993年当時のhideさんの言葉がつづられています。
永遠のアーティストとして「そこに」存在し続ける、新たな表現方法に注目です。

映像音楽が手軽に自宅やスマホで楽しめてしまう中、この場所だけの体験としてこういうイベントがどんどん盛り上がってほしいと思います。
AKB48劇場のコンセプトのように、活動を終えてしまったアーティストや初音ミクやアニメキャラクターなど、あらゆるヒトに「会いに行ける」劇場が増えるかも。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)