ただの「映画」じゃない!新感覚体感アトラクションの「MX4D」「4DX」を比較

広告

4D映画が話題になっています。

観るだけじゃなく、体感型のアトラクションとして様々な仕掛けを盛り込んだシアターです。

座席の動き、風、水しぶきや香りなど、たくさんの演出で握力ある映画を楽しむことができるとのことで、体験者の口コミ、レビューなども盛り上がっています。

ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」やディズニーシーの「マジックランプシアター」、「ストームライダー」のようなアトラクションの演出を映画で楽しめる、といったイメージですが、映画館によって演出内容も微妙な違いがあるようです。

4D映画、何のタイトルでどのような体験ができて、どこで楽しむことができるのか比較したいと思います。

4D映画って?

4D映画にはMX4Dと4DXという方式があります。それぞれ開発元、提供元が違っており、特定の系列の映画館でしか見ることができないようです。

体感型の演出を行う同様の方式にイオンシネマのD-BOXというものがありますが、これは座席が動く演出のみとなっています。D-BOXが4D映画と表記されていることもあるがMX4D、4DXとは演出が大きく異なるため、ここでは除外します。

ちなみに、MX4D、4DX共に3D映像のありなしは関係なく、「2D映像+演出効果」を指して4D映画として取り扱われているようです。ので、映画館によっては必ずしも「4D映画は3D映像」というわけではありません。2D映像の場合は3Dメガネが必要ないので料金が異なります。

比較表

※2015年8月29日現在の情報です

MX4D 4DX
開発 MediaMation(アメリカ) CJ 4D PLEX(韓国)
効果
シートの可動 ○(+シートの突き上げ)
首元への感触
背中への感触
足元への感触
地響き
水しぶき
香り
霧/煙
風圧/突風
雷/ストロボ
映画館
(2015年8月29日現在)
TOHOシネマズららぽーと富士見 ユナイテッドシネマ 札幌
TOHOシネマズ 新宿 ユナイテッドシネマ 前橋
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ユナイテッドシネマ 春日部
ユナイテッド・シネマ豊洲
109シネマズ富谷
109シネマズ大阪エキスポシティ
(11月9日開業)
109シネマズ佐野
(12月18日導入)
シネマサンシャイン平和島
シネマサンシャイン沼津
シネマサンシャインエミフルMASAKI
USシネマ木更津
USシネマ千葉ニュータウン
アースシネマズ姫路
小田原コロナワールド
安城コロナワールド
豊川コロナワールド
中川コロナワールド
大垣コロナワールド
福山コロナワールド
小倉コロナワールド
鑑賞料金 通常鑑賞料金+1,000円~1,200円
※劇場によって異なります。
3D上映の場合+400円
(3Dメガネ持ち込みで-100円)
通常鑑賞料金+1,000円
3D上映の場合+400円
(3Dメガネ持ち込みで-100円)
上映タイトル ・チャッピー
・ベイマックス
・マッドマックス 怒りのデス・ロード
・ターミネーター/新起動:ジェニシス
・進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
・ジュラシック・ワールド
・ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
・劇場版 進撃の巨人 [後編] 自由の翼
・キングスマン
・ピクセル
・進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD
・ファンタスティック・フォー
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒
など(順不同)

視聴前の注意

4D映画はいずれも激しい動き、光や水の演出などがあるので、妊娠中、高齢者、体に疾患のあるかた、乗り物酔いしやすい方などの視聴禁止が案内されています。
また、遊園地やテーマパークのアトラクションのように身長制限もあり、100センチ未満の子供の視聴も禁止されているようです。

映画館のシートはドリンクホルダーもついていますが、座席が動いて飲み物がこぼれやすいので、飲み物の持ち込みに注意を促す案内もあるようです。

演出効果は?

MX4Dと4DXいずれも11種類の演出効果がうたわれています(2015年8月29日現在)が、それぞれ項目が異なります。
MX4Dは座席の動きや振動、全身への感触に関する仕掛けが多く、対して4DXは風雨、天候などの環境の仕掛けが多いようです。

また、上映中の演出量にも差があるようで、口コミなどを見るとMX4Dがストーリーの特定のポイントでの、緩急をつけた演出になっているものに対し、4DXは上映中終始座席が動き、とにかく動きまくるとまで言われているレビューもありました。

どこで、どんな映画が見られる?

2015年8月現在はユナイテッドシネマ、コロナワールド、TOHOシネマズなどの系列で導入されています。

「マッドマックス」や実写版の「進撃の巨人」、「ミッションインポッシブル」などのビッグタイトルが対応しており、現在は「ジュラシックワールド」がヒット。ランキング上位になっています。

まとめ

料金はちょっと高めですが、家では体験できない。映画の新しい楽しみ方として良い試みだと思います。
「DMM VR Theater」の3Dホログラフィック専用劇場のような、新しい体験ができる場所としてどんどん盛り上がってほしいです。
ホログラフィックで「あの人」が甦る。3Dホログラフィック劇場「DMM VR Theater」が9月11日オープン

話題性も高くかなりの集客力、中でもリピートしているお客様の声も多いようなので、今後再上映などで長く生きるコンテンツなども生まれてくるかもしれません。
ディズニーランドのアトラクションのように定番コンテンツ化していくような可能性もあるのではないでしょうか。
これからの展開も要チェックcす。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)