キッツマイクロフィルター ピュリフリーを使ってみた感想

広告

10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、今回買い替えを検討した結果、キッツ マイクロフィルター社の「ピュリフリー」を選びました。

今回は実際使用した上での使い勝手や機能についてレビューします。

浄水器の比較レビュー記事については、以下をご確認ください。

浄水器のランニングコストを比較してみた。ハイコストパフォーマンスの浄水器はどれ?
10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 前回に引き続き、今回は浄水器の売れ筋ランキング上位の機種をリストアップし、ランニングコストを比較していき...
アルカリイオン整水器・浄水器のろ過性能(浄水性能)とコスト比較
10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 第5回目となる今回は、実際の機種をリストアップし、浄水性能とコストを比較し選定していきたいと思います。 ...
アルカリイオン整水器・浄水器を導入する際に知っておきたいポイント
10年以上使用したパナソニック製のアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 第4回目は「浄水器」導入のポイントについて確認していきます。
水道水をおいしく安全に飲むための4つの方法
水道水に含まれる残留塩素や藻類(プランクトン等)は臭いのもとになるため、敬遠されがちです。健康に大きな害はないと言われても、やっぱり気になりますよね。 水道水も少しの工夫で飲みやすくすることがで...
アルカリイオン整水器・浄水器で放射性物質は除去できる? 除去対象項目13物質とは?
10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 今回はアルカリイオン整水器/浄水器の比較、第2回目として「浄水器」で除去可能な13物質について確認してい...
アルカリイオン整水器の必要性を考える
10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 今回はアルカリイオン整水器/浄水器を比較します。 第1回目は「浄水器」と「アルカリイオン整水器」と...

ピュリフリーの使い心地は?

さて、浄水器の設置後の使用レビューです。

デザイン性

ツヤのあるプラスチック製の大きなカートリッジが存在感があります。カートリッジから透明ホースが蛇口に向かって伸びている単純かつ明快な作りで割り切ったデザインは好意的に捉えることができますが、若干安っぽい感じは否めません。

蛇口と 2 本の透明ホースを付属の結束バンドで固定しているので、さらにチープ感がアップしていることもあると思います。(以前使用していた浄水器では原水側と浄水側の 2 本のホースは1つに纏められて浄水器本体とつながってました。)

P7060112

しかし、6 色のカラーバリエーションがあるので好きな色を選ぶことができるのはプラスポイントです。

使いやすさ

不満点はなく使いやすいと思います。

切り替えコックはレバーで原水(シャワー)、原水(ストレート)、浄水(ストレート)の 3 種類の切り替えが可能です。ごく一般的な切り替えコックだと思いますし、洗い物の時はシャワーにする等の切り替えもスムーズに行えます。

P7060113

普段浄水器で行う操作はレバーを切り替えて使うだけなので、誰でも簡単に扱えると思います。もしカートリッジの交換時期がきた場合は、カートリッジ、ホース、切り替えコックも全て丸ごと交換するだけなので操作で迷うことはないでしょう。

また、ろ過流量が 3.5 リットル/分もあるので浄水を使う際のストレスがなく非常に満足です。

美味しさ

肝心の水の美味しさについては、味にクセがなく飲みやすく美味しくなりました。さらに、お茶やコーヒーの味に雑味がなくなり美味しくなったように感じました。

今までは浄水器の水は料理に使用して、飲料水としてはミネラルウォーターを飲んできましたが、ピュリフリーに変えてからは浄水にした水道水を飲めるようになりました!

com_Water with lemon in glass
(イメージ)

今まで飲んでいたのは日本国内の軟水ミネラルウォーターですが、特に味に遜色はないと感じました。

以前は、浄水器を 10 年も使って汚れているのではないかという不安がありましたが、水道水を飲めることになったことは大きな変化です。今後も 2 年ごとに、丸ごと(カートリッジ+ホース+切替コック)取り替えるタイプなので清潔に使い続けることができるので安心できます。

この浄水後の水の美味しさには浄水能力が関係しています。

ピュリフリーの公式サイトには「ピュリフリーは4層ろ過構造で、不要なものはブロックして、ミネラル分は透過します。だから水本来の美味しさをしっかりキープ」と記載がありました。

そして、ピュリフリーの浄水能力は家庭用品品質表示法で定められた除去対象13物質+2物質を除去できるとあって、他社と比較しても十分優秀だと言えます。筆者の以前の浄水器よりかなり浄水能力がアップしてますので、味の差が歴然なのも納得です。

他浄水器との浄水能力の比較については、以前の記事で詳しくレビューしています。

アルカリイオン整水器・浄水器のろ過性能(浄水性能)とコスト比較
10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 第5回目となる今回は、実際の機種をリストアップし、浄水性能とコストを比較し選定していきたいと思います。 ...

また、除去対象 13 物質については、以下の解説をご確認ください。

アルカリイオン整水器・浄水器で放射性物質は除去できる? 除去対象項目13物質とは?
10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 今回はアルカリイオン整水器/浄水器の比較、第2回目として「浄水器」で除去可能な13物質について確認してい...

維持費・コスト

今回検討中に様々な浄水器比較をしましたが、高頻度でカートリッジを交換するタイプでは、毎回カートリッジ交換のコストがかかります。そして、カートリッジの交換頻度が増えるとコストがかかる上に、交換の手間がかかります。

低頻度でカートリッジ交換が済むタイプでも、スタイリッシュで高コストなデザインを採用していると、本体価格が高価になり、結果として掛かるコストは上がってしまいます。

しかしながら、ピュリフリーは外観の通りカートリッジがそのまま本体となっており、電気も使用しないので、維持費・コストは本体価格の実勢価格 8,600 円のみです。しかも、2 年間交換不要なので、コストパフォーマンスが非常に優れています。

2 年間使用した場合、1 リットルあたりの浄水コストは 1.06 円という低ランニングコスト、浄水コストになっています。
※メーカーの希望小売価格は 20,000 円(税込 21,600円)のため、現在の実勢価格は変更されている可能性があります。

他浄水器との本体価格や維持費(ランニングコスト)の比較については、以前の記事に詳しく記載してますので確認してみてください。

浄水器のランニングコストを比較してみた。ハイコストパフォーマンスの浄水器はどれ?
10年以上使用したアルカリイオン整水器が故障してしまったため、買い替えを検討しています。 前回に引き続き、今回は浄水器の売れ筋ランキング上位の機種をリストアップし、ランニングコストを比較していき...

総評

浄水器の要(かなめ)となる浄水能力は、家庭用品品質表示法で定められた除去対象13物質+2物質を除去できるとあって優秀です。筆者は今まで飲めなかった水道水を美味しく飲むことができるようになりましたし、水の流量も上がったので、非常に満足度が高いです。

また、優れた浄水能力を持つ上に、余分な部品等やコストを限界までカットした割り切った?!シンプルな作りと丸ごと交換という発想には感嘆します。しかも日本製です。

見た目(デザイン)はコスト削減のためか劣る所はありますが、浄水能力と使いやすさ、衛生面、コストを考えた時に、ピュリフリーは他にはナカナカないコストパフォーマンスに優れた浄水器だと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)