テスラ「モデル3」がヤバい!ガソリン車並みの走行距離で390万円の廉価モデル電気自動車

広告

テスラモーターズより電気自動車の最新モデル「モデル3」が発表されました。

これまで電気自動車というと環境には優しいものの、価格は割高で充電に不便、などの課題がありましたが、今回のこの「モデル3」のスペックや、今後の充電ステーション拡大の取り組みなどを見ると、いよいよ電気自動車の利用が一気に広まるような予感がします。

テスラモーターズ「モデル3」の凄いとこ

「モデル3」はテスラモーターズが製造販売する電気自動車です。

これまでテスラモーターズが販売した電気自動車は「ロードスター」、「モデルS」、「モデルX」などがありますが、いずれも800~1,000万円を超える高級車でした。

今回の「モデル3」は、大衆向けの低価格路線としてラインナップされた新型車となります。

「モデル3」は価格が安い!

テスラモーターズの発表会でも「低価格なテスラ」として紹介された「モデル3」。

モデル3の価格はベースグレードが3万5000ドル(約390万円/日本での正式な販売価格は未定です)。

同じグレードの国産車などと比べてしまうとそれなりに割高ではありますが、これまでのハイエンドモデルと比べると大きく価格を抑えていることが分かります。

日産の電気自動車「リーフ」が300~400万であることを考えても十分張り合える価格ではないでしょうか。

「モデル3」はデザインがかっこいい!

一般的なガソリン車には、車体の前面先端に網状の「フロントグリル」があります。

これはもともとエンジンを冷却するために空気を取り入れるためのパーツなのですが、エンジンを持たず、モーターの冷却が必要ない電気自動車にはこのフロントグリルが必要ありません。

フロントグリルは車のデザインにおける「表情」を大きく左右する要素のひとつなのですが、このフロントグリルを持たないモデル3のデザインは非常に特徴的なものになっています。

tesla_model3_design

これまではあらゆる車に必要とされていたフロントグリル。機能的な必要性から各社が工夫を凝らしたデザインを行いその車のアイデンティティへと昇華されていますが、モデル3はダミーのフロントグリルなども置かず、非常にシンプルな「顔」になっています。

「モデル3」は走行距離が長い!ガソリン車並み!

一般的なガソリン車がガソリン満タンの状態から走れる距離が400km~500km。

モデル3が一度の充電で走れる距離は約350kmとのことで、ガソリン車に匹敵する走行距離と言えます。

ちなみに日産リーフの走行距離は約220km。(バッテリー搭載量による)

東京から箱根あたりまでは片道およそ100kmくらいなので、いろいろ寄り道しながら箱根ドライブをしたとすると、リーフの走行距離220kmでは少し不安ですが、モデル3では余裕をもって往復できるといった印象なのではないかと思います。

テスラ3の自動運転機能がすごい!

テスラと言えば、自動運転機能も話題となりました。

テスラが搭載する自動運転機能は、クルーズコントロールやレーンキーピング、レーンチェンジ、駐車などを組み合わせたもので、高速道路などの巡航でハンドル操作やアクセルワークを補助することができます。

特徴的な機能として、テスラの電気自動車が内蔵するコンピュータは、プログラム(ファームウェア)のアップデートも行われており、パソコンやスマホのように順次プログラムの改善や、新機能を追加していくことが可能となっています。

テスラ3でも自動運転機能が搭載されていることがアナウンスされています。ファームウェアのアップデートについては明確な言及がないようですが、搭載されると今後の自動運転の機能拡大などに期待が持てるのではないかと思います。

テスラ3の発売日は?

2017年終盤より生産開始予定とのことで、現在は予約金15万円での予約を受け付けています。

低価格帯で攻めてきた今回のテスラモデル3。

この価格で航続距離350kmは完全にガソリン車を置き換えてしまうほどのインパクトもあるのではないかと思います。

電気自動車時代の先駆けとなるか、非常に楽しみです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)