どこが変わった?「Xperia Z4」と「Xperia Z3」のスペック比較レビュー

広告

ドコモ、au、ソフトバンク各社から発売された、ソニーモバイル社製「Xperia Z4」。

これまでと比べてどのあたりが変わったのか、旧機種である「Xperia Z3」と比較します。

比較表

「Xperia Z4」「Xperia Z3」ともにドコモ、au、ソフトバンク各社から発売されています。

各社の型番は docomo SO-03G、au SOV31、ソフトバンク 402SOとなっていますが、ハードウェアスペックはいずれも同一です。

品名 Xperia Z4 Xperia Z3
型番
docomo SO-03G SO-01G
au SOV31 SOL26
ソフトバンク 402SO 401SO
カラーラインナップ ホワイト
ブラック
カッパー
アクアグリーン
ホワイト
ブラック
カッパー
シルバーグリーン
OS Android 5.0 Lollipop Android 4.4 KitKat
(5.0にアップデート可能)
液晶サイズ 5.2インチ 5.2インチ
画面解像度 1080 x 1920 ピクセル 1080 x 1920 ピクセル
プロセッサー Snapdragon 810
2.0GHz + 1.5GHz
オクタコア(8コア)
Snapdragon 801
2.5GHz
クアッドコア(4コア)
内蔵メモリー 3GB 3GB
ストレージ容量 32GB / 64GB / 128GB 32GB / 64GB / 128GB
外部メモリ microSDXC
(最大128GB)
microSDXC
(最大128GB)
メインカメラ 2070万画素 CMOS
手ブレ補正あり
2070万画素 CMOS
手ぶれ補正あり
インカメラ 510万画素 CMOS
手ぶれ補正あり
220万画素 CMOS
手ぶれ補正あり
その他
NFC
指紋認証 × ×
ワイヤレス充電 × ×
ワンセグ
フルセグ
防水性能 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
防塵性能 IP6X IP6X
バッテリー容量 2930mAh 3100mAh
バッテリー交換 不可能 不可能
サイズ 72 x 146 x 6.9mm 72 x 146 x 7.3mm
重さ 144g 152g

どこが違う?

スペック上の変化は「プロセッサ」、「インカメラ」、「バッテリー容量」、「サイズ」、「重さ」のみ。なんと、ほとんど変化がありません。

プロセッサについては最新の Snapdragon 810 搭載となっており、全体的なパフォーマンスが向上していると思われますが、バッテリー容量が少し減少しているため、全体的な稼働時間は Xperia Z3 よりも低下することが懸念されます。

ちなみに筆者は Snapdragon 800 搭載の Nexus 5 に Android 5.0 Lollipop をインストールして使用していますが、実用面では全く不便なく利用しています。
また、Xperia Z3 でも Android 5.0 Lollipop のアップデート配布が予定されているため、実用面でも Xperia Z3 のスペックで十分と想定されます。

また、インカメラの画素数が向上している点については、自撮りを行うユーザーにとっては評価ポイントになるかと思います。

大きさ、重さについて、Xperia Z4 の重さはシリーズ最軽量。外装は少し光沢が増した質感となっているため、この辺りは好みが分かれるところです。

決め手は?

Xperia Z4 は、Xperiaシリーズの完全新機種というよりは Xperia Z3 のマイナーアップデート版(小幅改善版)といった印象でした。
そのため、Xperia Z3 からの買い替えであれば決め手なし、というのが今回の結果です。

逆に、Xperia Z2 以前の旧機種や他機種を利用の方で乗り換えを検討している場合、今回の Xperia Z4 の登場により、Xperia Z3 がお手頃な価格で手に入るようになれば選択肢が広がります。
まだまだ実用面では性能十分な Xperia Z3 にこのタイミングで乗り換えて使い倒す、というのもひとつの手かと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)