「LG G5」着脱式モジュールで追加バッテリーやカメラユニットが搭載可能なAndroidスマートフォンフラグシップモデル

広告

2月21日、スペインで開催されているMWC2016にて、LGの最新フラグシップAndroidスマートフォンである「LG G5」が発表されました。

クラベルでは速報はあまり取り扱わないのですが、本日たまたま情報を追いかけていたのと、この「LGG5」にユニークなハードウェア機能が搭載されていたのでご紹介したいと思います。

LG G5の基本スペック

  • OS:Android 6.0 Marshmallow
  • 液晶サイズ:5.3 inch IPS方式
  • 画面解像度:2,560 x 1,440ピクセル
  • プロセッサ:Snapdragon 820
  • RAM:4GB
  • メモリ:32GB
  • リアカメラ:1,600 万画素(135度の超広角カメラ)
  • フロントカメラ:800 万画素
  • バッテリー:2,800mAh
  • サイズ:149.4 x 73.9 x 7.7mm
  • 重量:159g
  • その他:USB Type-C
  • カラーラインナップ:シルバー / チタン / ゴールド / ピンク

LG G5の特長

今回発表された「LG G5」は、超広角のレンズを採用したカメラと、本体下部の取り外し可能なユニットが最大の特徴となっています。

着脱式バッテリーと追加ユニット

LG G5では、本体下部のパーツをスライドして、バッテリーを着脱することが可能です。

また、このバッテリー部分のスロットは複数の機能追加が可能となっており、大容量の追加バッテリーに交換したり、カメラのズーム、シャッター操作が可能なカメラユニット、高音質のスピーカーモジュールなどを取り付けることなどができるようになっています。

lgg5-modular-type

LG G5 のモジュラー取り外し。こんな感じで着脱が可能

なんともエッジの効いたスマホが出てきましたね。

モジュールのラインナップや独自機能なども非常に楽しみ。情報が出そろったら他のフラグシップモデルなどとのスペック比較なども行いたいと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)