Surface Book と Surface Pro4、MacBook Proのスペックを比較してみた

広告

先日マイクロソフトよりSurfaceシリーズの最新モデル、「Surface Book」および「Surface Pro 4」が発表されました。

これまでのSurfaceシリーズの流れをくんだ軽量ハイスペックタブレットの「Surface Pro 4」に対し、「Surface Book」は描画性能を向上させる外部GPUと組み合わせてデスクトップ機にも劣らない最上級のハイエンドモデルとしてラインナップされています。

これらのスペックの違いについてMacBook Proや旧モデルのSurface Pro3 などと合わせてまとめてみました。

Surface Book、Surface Pro 4のスペック比較表

Surface Book Surface Pro 4
(Core iモデル)
Surface Pro 3
(Core i7モデル)
Surface 3
(4G LTEモデル)
13インチMacBook Pro
(Core i7モデル)
CPU 第 6 世代 インテル
Core i7プロセッサ
第 6 世代 インテル
Core i7プロセッサ
第 4 世代 インテル
Core i7プロセッサ
インテル
Atom x7 プロセッサ
第 5 世代 インテル
Core i7プロセッサ
OS Windows 10 Pro Windows 10 Pro Windows 8.1 Pro (64 ビット)
Windows 10 無償アップグレード
Windows 8.1 (64 ビット)
Windows 10 無償アップグレード
OS X El Capitan
大きさ(寸法) 約 220.2 x 312.3 x 7.7mm 約 292.10 x 201.42 x 8.4mm 約 292 x 201.3 x 9.1mm 約 267 x 187 x 8.7 mm 約 314 x 219 x 18mm
画面のサイズ 13.5インチ 12.3インチ 12インチ 10.8インチ 13.3インチ
解像度 3000 x 2000ピクセル 2736 x 1824ピクセル 2160 x 1440ピクセル 1920 x 1280ピクセル 2560 x 1600ピクセル
重量(本体のみ) 約 726 g 約 786 g 約 800 g 約 641 g 約 1580 g
重量(キーボード) 約 853 g
(キーボードドック)
約 289 g
(タイプカバー)
約 295 g
(タイプカバー)
約 243 g
(タイプカバー)
重量(本体+キーボード) 約 1579 g 約 1075 g 約 1093 g 約 884 g 約 1580 g
記憶容量 128GB / 256GB / 512GB / 1TB 128GB / 256GB / 512GB / 1TB 256GB / 512GB 64GB / 128GB 128GB / 256GB / 512GB
RAM 8GB / 16GB 4GB / 8GB / 16GB 8GB 2GB / 4GB 8GB / 16GB
バッテリー駆動時間 最大約 12 時間
ビデオ再生が可能
最大約 9 時間
ビデオ再生が可能
最大 9 時間
Web 閲覧
最大約 10 時間
ビデオ再生が可能
最大約 12 時間
ビデオ再生が可能
カメラ 500万画素 (フロント)
800万画素 (リア)
500万画素 (フロント)
800万画素 (リア)
500万画素 (フロント)
500万画素 (リア)
350万画素 (フロント)
800万画素 (リア)
オートフォーカス
720p (フロント)
4G LTE対応 × ×
Surface ペン 別売 別売 付属 別売
キックスタンド 125度まで自由に調整可能 150度まで自由に調整可能 150度まで自由に調整可能 3 段階 なし

MacBook Proの対抗馬としてのSurface Book

こうしてみると、今回のSurface BookはAppleのハイエンドノートPCであるMacBook Proの対抗モデルとして設計されているように見えます。一方で軽量で持ち運びに優れたSurface Pro 4はMacBook Airの対抗となりますね。

また、Surface BookはGPUを搭載したキーボードドックと接続することで、ノートPCでは控えめになりがちなグラフィック性能を大きく向上させることができるようになっています。これによりゲームのパフォーマンスも大きく向上できるため、ゲーミングPCとしての需要にも応えられる出来になっているのではないでしょうか。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)