Surface Book、Surface Pro 4とMacBookの大きさ比較画像を作ってみた

広告

Surface Book、Surface Pro 4の大きさ比較画像を作ってみました。

対抗モデルとなるAppleのMacBook Pro、MacBook Airと合わせて比較しています。

Surface Book、Surface Pro 4の大きさ比較画像

Surface Book、Surface Pro 4の大きさ、スペック比較

Surface Book、Surface Pro 4の大きさ、スペック比較

Surface BookおよびSurface Pro 4の掲載スペックは本体のみ(タブレット部分)のものとなっています。

Surface Book用のキーボードドックやSurface Pro 4 用のタイプカバーを装着することで大きさは変わります。

Surface Book、Surface Pro 4の大きさ比較表

Surface Book Surface Pro 4 13インチ
MacBook Pro
11インチ
MacBook Air
大きさ 約 220.2 x 312.3 x
7.7mm
約 292.10 x 201.42 x
8.4mm
約 314 x 219 x
18mm
約 314 x 219 x
18mm
画面の大きさ 13.5インチ 12.3インチ 13.3インチ 13.3インチ
画面解像度 3,000 x 2,000
ピクセル
2,736 x 1,824
ピクセル
2,560 x 1,600
ピクセル
2,560 x 1,600
ピクセル
重量(本体のみ) 約 726 g 約 786 g
重量(キーボード) 約 853 g
(キーボードドック)
約 289 g
(タイプカバー)
重量(本体+キーボード) 約 1,579 g 約 1,075 g 約 1,580 g 約 1,080 g

Surface Bookの大きさ、重さは?

画像で比べてみると、Surface Bookはキーボード部分がタブレット部分に近い厚みを持っているため、キーボードドック装着時の厚さはタブレット2枚分。だけかと思いきや、ヒンジ部分の厚みでクサビ状に折りたたまれるため、実際はそれ以上の厚みとなります。
一番厚いヒンジ部は25~30mmくらいと想定され、MacBook Proと比較してもかなり厚い印象です。

また、折りたたまれた時の形状もヘアピンのようにヒンジ部に隙間が空くため、かばんなどへ収納した際の強度が気になるところです。
重量は本体が726g、キーボードドックが853gとされており、キーボードドック装着時の重量が約1,580gと、MacBook Proとほぼ同じ重量となっています。

キーボードドックを使用する場合とそうでない場合の変化が大きいSurface Bookですが、持ち歩きや自宅利用、仕事など使い分けが必要なシーンなどではそのメリットを最大限に活用できるのではないかと思います。

Surface Pro 4の大きさ、重さは?

Surface Pro 4は、Surface Pro 3 からより薄く、軽くなっています。
フットプリント(厚さを除いた縦横の大きさ)は、Surface Pro 3と同じ201mm x 292mmとなっていますが、厚みはSurface Pro 3の9.1mmから8.4mmとなっています。

また、Surface Pro 3の重さは800gとなっていますが、Surface Pro 4は786gとなっています。
比較画像では掲載されていませんが、液晶サイズも進化しており、Surface Pro 3では12インチだった画面の大きさが、Surface Pro 4は12.3インチと拡大されています。

従来のシリーズと同じ大きさで、より薄く、軽く、画面も広くなりパフォーマンスも向上したSurface Pro 4は、最先端のWindows PCを手に入れたいユーザーにとっては有力な選択肢ですね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)