スポンサーリンク

クローンiPhoneに要注意! LINEの会話流出の仕組みと対策

サービス

呆れちゃうようなLINEトーク内容の新たな流出により、更に泥沼と化したベッキーさんとゲスの極み乙女。川谷絵音さんの不倫問題。

記者会見で一段落がついたかと思った矢先、「友達で押し通す予定!笑」などという本音の会話が世界中に配信されたのを見て度肝を抜かれた方も少なくないはず。両成敗がもう止まりません。

あの一件があったのに、何も対策していないのも信じられない話です。みんないつだって見られてんだって何で二人とも気づかないんでしょうか。よほどのスーパーハカーが相手なのか、もはやただの茶番なのかよくわかりませんが、とりあえず何も対策なしにLINEを使い続けるのだけは今すぐにやめたほうがいいのではないかと思います。

そんな中、今回のLINEの盗み見に使われた手法について、有力と思われる情報が出回っています。

以前、PC版のLINE見つかってのぞき見をする方法について書きましたが、今回はまた別の仕組みです。

LINEの会話を盗み読みされないために知っておくべきセキュリティ対策
タレントのベッキーさんとゲスの極み乙女。の川谷絵音さんの週刊文春による不倫報道。ベッキーさんの初スキャンダルの上に川上絵音さんが実は既婚者で結婚していたことを明...
スポンサーリンク

古いiPhoneでLINEに不正アクセスする「クローンiPhone」とは

それは機種変更で使われなくなった古い方のスマホを使ってクローンiPhoneを作りLINEにアクセスするというもの。

情報によると、iOS用のLINEは新機種へアカウント移行したあとでも、旧機種側のLINEを起動すればそのまま利用できてしまうそう。そのためには、クローンiPhoneと呼ばれる端末を作ることで実現できます。

クローンiPhoneの作り方は簡単。新端末iPhoneをセットアップする際、旧端末のバックアップを新端末に復元する形で環境を移行すること。

こうすると閲覧環境がそのまま複製されてしまい、双方の端末のLINEからアクセスできる、いわゆる「クローンiPhone」を作ることができてしまいます。
一方で、AppStoreなどからアプリを再インストールして環境を構築した場合はこのようにはならず、多重ログインが検知されて旧機種からのアクセスはできなくなるようです。

またLINEにはログアウトの概念がないので、一度多重ログインできるようになったら、アプリを更新などを行わない限りクローンiPhoneを使ってずっと中身が見れてしまう状態になります。

今回情報を流出させた人物は恐らく、川谷絵音さんがiPhoneの機種変更を行った際に、古い方のiPhoneを手に入れてクローンiPhoneを作り上げ、LINEにアクセスして会話を盗み見しているのではないかとのこと。
その理由に、掲載されているスクリーンショットのLINEのアイコンが旧バージョンの四角いものになっていることを挙げています。

下記のNaverまとめ記事ではクローンiPhoneの作り方、クローンiPhoneを使ってできること、クローンiPhoneが作られているかどうかを確認する方法、LINEの覗き見対策の方法についてまとめられています。

クローンiPhone自体は以前から探偵の浮気調査などでの情報入手手段のひとつとしても知られていたそうで、その危険性については過去にも指定されていたようです。今回の一件でこの危険性が大きく知れ渡りましたね。

サービス終了のお知らせ - NAVER まとめ
NAVERまとめ サービス終了のお知らせ
スポンサーリンク

iPadとiPhoneを使う手も?

真偽は定かではないですが、LINEやiOSのバージョンによってはこの方法が取れないとの情報もあります。かといって安心していいという訳ではなく、前述の手法以外にも、iPadとiPhoneであれば同一アカウントで多重ログインできるため、どちらかからアクセスされたのではないかとの情報も。
一方でAndroidでは同様の事象は再現されないとの情報もあります。

スポンサーリンク

いずれにしてもiPhoneの機種変更を行った方は注意

古いiPhoneでも多くのアプリが動くので、機種変更後もそのままにして手元に置いている方も少なくないと思います。

データがきちんとクリアされているか、再度確認してみてはいかがでしょうか。
ああやってこうやってごまかしても、配信されちゃうよ。。。と

LINEの会話を盗み読みされないために知っておくべきセキュリティ対策
タレントのベッキーさんとゲスの極み乙女。の川谷絵音さんの週刊文春による不倫報道。ベッキーさんの初スキャンダルの上に川上絵音さんが実は既婚者で結婚していたことを明...
スポンサーリンク

(追記)LINE社より対策が実施されたようです

2016年2月22日に実施されたLINEのアップデートにて、複数の端末からのLINEへのアクセスが制限されました。

これにより、今後作成されたクローンiPhoneからのLINEへのアクセスが禁止され、実質的にLINE監視の仕組みへの対策がとられたことになります。

ただし、すでに作成されてしまったクローンiPhone自体は残ったままになるようなのでご注意ください。

 

サービスコラム
お読みいただきありがとうございました。
最後に「いいね!」をいただけると大変励みになります。
最新情報をお届けします。
クラベルをフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
クラベル

Webサイト構築、Wordpressのカスタマイズやphpプログラミングなどやってます。BPM(ビジネスプロセス管理)、BPR(業務改革)コンサルなどにも従事。世の中すべてピタゴラ装置をモットーに自動化します。ブログは省エネ運営中。Cocoonカスタマイズやゲーム、ガジェットの話題など。

プロフィール詳細、お仕事のご依頼はこちら

クラベルをフォローする
クラベル
タイトルとURLをコピーしました