省エネ運転中

EWWW Image Optimizerでは写真のEXIFデータが消えていなかったという話。WordPressのプラグインを過信しちゃって後悔

WordPressプラグイン

タイトルの話のまんまですが、スマホなどで撮影した写真をブログにアップする際、プライバシー情報になりえるExifデータを削除するために「EWWW Image Optimizer」というWordPressプラグインを利用させていただいてたのですが、私の環境ではExifデータは削除されていませんでした。

Exifデータを自動削除してくれるWordPressプラグイン

Jpegファイルのメタデータ、Exifデータは撮影日時やカメラの設定情報などともに撮影場所(ジオタグ)の情報などを記録することができるため、不用意にブログなどで公開してしまうと自宅の住所が漏れてしまったりする危険性があります。

このExifデータはファイルのプロパティ編集などで削除することができるのですが、一度に大量の作業を行うには面倒だったり、作業忘れのヒューマンエラーが起きたりとリスクがあるため、WordPressのプラグインなどで自動処理できないかと思っていました。

そこでネットで情報検索をすると、WordPressのプラグインである「EWWW Image Optimizer」を有効なツールとして取り上げているブログが多くあったため、確認もおろそかにインストールし、しばらくこのプラグインによるExif自動削除が行われていることを前提にサイトの運用を行っていました。

自動削除してくれるはずのExifが削除されてなくて情報が筒抜けに

その後数日して、ふとしたタイミングで自分が撮影した画像をダウンロードして再編集していた際に、Exifデータが削除されていないことに気づきました。

導入段階でチェックしていなかったことも問題だったのですが、この「EWWW Image Optimizer」では、Exifデータの自動削除が行われていませんでした。

これが私の環境固有の問題なのか、WordPressのバージョンなどの問題なのか、プラグインの不具合なのか切り分けできていないため、詳細な原因はわかりません。

その後に改めて「EWWW Image Optimizer」の設定を見直し、「メタデータを削除」のオプションを複数回オンオフして結果を比較するなどしてみましたが、メタデータが消えることはありませんでした。

「EWWW Image Optimizer」はその他にも画像サイズの最適化など有効な機能があるプラグインだったのですが、肝心のExifデータ削除の信頼性が全くなくなってしまったため、これ以上の検証は無駄とみてアンインストールしました。残念です。

アップロードされた写真のExif情報を表示するChrome拡張機能

現段階で「EWWW Image Optimizer」の代替になるようなWordPressのプラグインは導入しておらず、何か有効なWordPressプラグインを引き続き探しています。

ただ、今後も今回のようにツールが正しくExif情報の削除ができなかった場合、見落としたままになってしまう可能性があるため、事後でも確認が容易になるようにChromeブラウザの拡張機能を入れてみました。

Jpeg画像にExif情報をオーバーレイ表示してくれる拡張機能です。

もちろん自サイトに限らずネットに掲載されている画像に対して機能するため、いろいろなサイトに掲載されている写真のカメラの設定情報なども見ることができます。

こちらを使うことで、自分のサイトやSNSに誤ってExifがついたままの写真をアップロードしてしまっても、プレビューの段階などでExif情報が自動表示されるため気づくことができます。

ただ、このツールはExifが存在しない場合「Exifが無い」ことをオーバーレイ表示するのではなく、オーバーレイ表示自体が非表示になるだけのため、仮にページの読み込みが中断されたり、スクリプトの動作などの影響によって情報エリア自体が表示されないようなことがあると、原因の切り分けができません。

見落としのリスクは少し減ったと思いますが、これも過信は禁物のようですね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました