スポンサーリンク

指定したDocumentRootディレクトリが「403 Forbidden」エラーになる:XAMPP初期設定 (よくあるトラブル)

Web開発

Windows 10、XAMPP(Apache、MySQL)環境を前提としたWordPressのテストサイト構築作業の補足解説です。

XAMPPの初期設定手順については以下のページ構成で解説しています。

こちらでは、XAMPPの環境構築で起こりがちな「403 Forbidden」エラーの対処方法についてご紹介しています。

スポンサーリンク

XAMPP配下以外のディレクトリをドキュメントルートに指定する

Apacheのhttpd.confなどの設定ファイルでは、構築したサーバーのドキュメントルート(サーバーにアクセスしたときに表示するHTMLファイルなどの置き場所)を指定することができます。

デフォルトの設定ではこのドキュメントルートはXAMPPがインストールされたディレクトリ内のhtdocsというディレクトリが指定されています。

このディレクトリを変更したい場合、httpd.confを編集することで変更が可能です。

httpd.confでのDocumentRoot指定

httpd.confにある以下の記述を変更します。

DocumentRoot "C:/xampp/htdocs"

指定変更の例

DocumentRoot "D:/projects/project-a/test/public_html"

また、この変更を行った際、実際にページにアクセスしてみると「403 Forbidden」のエラーメッセージでアクセスができない場合があります。

その場合は、同じくhttpd.confに以下の記述を追記してください。

<Directory "D:/projects/project-a/test/public_html">
  Require all granted
</Directory>

ポートを分けて複数サーバーを設定するような場合は、それぞれのVirtualHostディレクティブの内側に記述すればOKです。

Listen 51000
<VirtualHost *:51000>
DocumentRoot "D:/projects/project-a/test/public_html"
<Directory "D:/projects/project-a/test/public_html">
  Require all granted
</Directory>
</VirtualHost>

WordPress&Cocoonのお悩みにお答えします

クラベルではWordPressのブログサイト構築、Cocoonテーマの導入やカスタマイズに関するご相談を承っております。

お困りの方はぜひ一度お問い合わせください。また、現在ココナラをつかったサービス出品も始めてみました。お悩みおひとつの解決からお手軽にお申込みできますので、こちらもぜひあわせてご覧ください。

最短当日★ワードプレスの疑問質問トラブル解決します ご相談無料!初心者歓迎!優しく丁寧、徹底的にサポートします!
Cocoonテーマサイト構築&カスタマイズします ご相談無料★公式サポート対象外もOK!プログラミングはお任せ
Web開発XAMPP
お読みいただきありがとうございました。
最後に「いいね!」をいただけると大変励みになります。
最新情報をお届けします。
クラベルをフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
クラベル

Webサイト構築、Wordpressのカスタマイズやphpプログラミングなどやってます。BPM(ビジネスプロセス管理)、BPR(業務改革)コンサルなどにも従事。世の中すべてピタゴラ装置をモットーに自動化します。ブログは省エネ運営中。Cocoonカスタマイズやゲーム、ガジェットの話題など。

プロフィール詳細、お仕事のご依頼はこちら

クラベルをフォローする
クラベル
タイトルとURLをコピーしました