OCO、IFD、トレールなど「特殊注文」でネット証券会社を比較 株取引に差がでる特殊注文の違い

広告

株式投資において、買い時、売り時の見極めは大きな課題となります。

瞬間的な値段の動きを狙うデイトレードなどの手法においては、常に画面を見ているだけで確実な売買ができるわけではありません。
自分が狙った条件での売買を確実にするために、ネット証券会社ではいくつかの「特殊注文」と呼ばれる注文手段を提供しています。

今回はこの「特殊注文」の切り口で各ネット証券会社を比較してみます。

特殊注文とは?

特殊注文とは、株取引における特定の条件などを指定しておくことで、株価の変化にあわせて積極的な売買をしたり、急激な変動へのリスク管理などに役立てることができる注文方法です。

特殊注文には以下のようなものがあります。

逆指値注文

通常の指値注文とは逆に「株価が○○円以下になったら売る」または「株価が○○円以上になったら買う」という注文方法です。損切り(ロスカット)には欠かせない注文方法で、どのネット証券会社でも利用可能な注文方法です。

不成注文(不出来引成行注文、指成注文など)

取引時間中は指値での注文を出しますが、そのまま取引が成立せずに引け(前場最後の売買)を迎えた場合、成行注文に切り替える注文方法です。指定した価格で売買できなかった場合でも、当日中に売買を成立させたいときに使用できます。

OCO注文(ツイン指値、W指値、逆指値付き通常注文)

2 つの注文を出して、一方が成立したらもう一方の注文を自動的にキャンセルするという注文方法です。保有している株に対して、急激な変動に応じた利益確定と損切り(ロスカット)を同時に行う場合などに使用できます。

If-Done注文(イフダン注文、リバース注文、Uターン注文)

株の買い注文が成立した直後に、その株の売り注文を自動的に出すという注文方法です。値動きを負えない場合などに、買いから売りまでの一連の注文を行いたいときに使用できます。

連続注文(リレー注文、連続売買注文)

特定の注文が成立した直後に、別の注文を出すという注文方法です。
連続注文では異なる銘柄の注文を行うこともできるため、特定の銘柄の売却ができたら他の銘柄の注文を行う、などといった場合に使用できます。

If-Done-OCO注文(IFO注文)

If-Done 注文と OCO 注文を組み合わせた注文方法です。買い注文が成立した直後に、その株に対する OCO 注文を自動的に行うため、株の購入からその後の利益確定と損切りの注文までをすべて同時に出すことができます。

SOR注文

証券会社によっては、「PTS」と呼ばれる証券取引所の取扱い以外でも取引が行えるシステムが利用できるものがあります。
SOR注文は、これらの取引システム(市場)の中で、一番有利な注文が出ている市場に対して注文を出すという注文方法です。

IOC注文

指定した値段かそれよりも有利な値段で即時に一部(もしくは全部)を約定させ、成立しなかった数量分の注文をキャンセルする注文方法です。ある金額であればすぐに約定させたいが、もし約定できなければキャンセルしたい、などといった場合に使用できます。

トレール注文

通常の指値、逆指値注文では「○○円」という価格を指定しますが、 トレール注文は価格の変動に応じて指値の水準を自動的に修正する注文方法です。「安値+10円で買い」、「高値-40円で売り」など、まだ決まっていない値段を基準に逆指値を設定することができます。

各ネット証券会社で利用できる特殊注文

価格.com の証券会社 人気ランキングに掲載されている上位 6 社で比較してみます。

  1. SBI証券
  2. GMOクリック証券
  3. マネックス証券
  4. ライブスター証券
  5. 楽天証券
  6. カブドットコム証券

SBI証券 GMOクリック証券 マネックス証券 ライブスター証券 楽天証券 カブドットコム証券
特長 ・口座開設数No.1
・豊富なマーケット情報
・抜群の総合力
・使いやすいスマホアプリ
・業界最安値水準の手数料
・信用取引の金利も安い
・米国株取扱数No.1
・外国株の手数料が安い
・豊富なチャート機能
・手数料No.1
・豊富なチャート
・便利な発注機能
・投資情報No.1
・1,000円からのミニ投信
・取引ツールが充実
・豊富な売買注文方式
・豊富なチャート機能
・充実したサポート体制
発注機能
逆指値
不成
OCO × ×
(ツイン指値)

(逆指値付通常注文)

(W指値)
If-Done × ×
(リバース注文)
×
(Uターン注文)
連続注文 × ×
(連続注文)
× ×
(リレー注文)
If-Done-OCO × × × × ×
SOR × × × × ×
IOC × × ×
トレール × × × × ×
(トレーリングストップ)
手数料
(1約定あたり成行)
約定20万円 ¥199 ¥105 ¥194 ¥104 ¥199 ¥291
約定50万円 ¥293 ¥260 ¥486 ¥194 ¥368 ¥583
約定100万円 ¥525 ¥470 ¥1,080 ¥367 ¥657 ¥1,069
約定300万円 ¥994 ¥900 ¥3,240 ¥648 ¥1,244 ¥3,013
(2015年5月現在)

決め手は?

特殊注文の多さではカブドットコム証券に優位性があるようです。

また、有利な取引という面ではPTSでのSOR注文が使えるSBI証券も見逃せません。

が、最終的に、今回の切り口である

特殊注文を使いこなした取引がしたい

ということであればカブドットコムがひとつの最善な選択ではないかと思われます。

ただし、今回取り上げた証券会社の中でトレール注文が行えるのはカブドットコム証券のみでしたが、岡三オンライン証券や、野村証券などでも同様の特殊注文を提供しています。今回の5社以外にも特殊注文を取り扱っている証券会社は多いため、特殊注文以外の要素も踏まえて選択していくことが好ましいと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

クラベルでは読者を大募集中です

気に入っていただければ、TwitterのフォローRSSの登録、ブックマークなどをしていただければ大変うれしいです。Twitterでは日頃のつぶやきやブログの最新情報などを更新しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)